Diggin' Kalimba~Tribute Mixed by MURO

EW&F×MUROジャケット写真取り上げたいアルバムは山のようにあるのだけど、今回は取り急ぎ告知的なものを。昨年デビュー40周年を迎えたアース・ウィンド&ファイア(EW&F)について、だ。昨年から今年にかけて、EW&F及びカリンバ・プロダクション関連の再発がソニー・ミュージックで行われ、今年の夏前には著名アーティストが選ぶEW&Fの名曲ベストを含んだ新作『Now Then & Forever』のリリースも予定されている(新曲“Guiding Lights”は発表済)など、彼らの周辺が騒がしい。

そんななか一連のリイシューの最後を飾ったのが、3月7日に一挙15タイトル発売となったEW&Fコロムビア時代のアルバム群。当時の日本盤ジャケットや帯を忠実に再現した紙ジャケ/Blu-spec CD仕様(DSDリマスタリング)での再発で、アルバムのベーシックな解説を金澤寿和氏と僕が手分けして書いた。加えて解説部分には、EW&Fに縁のある著名人のコメントも掲載。『All 'N All』(77年)など5枚のジャケットを描かれたイラストレーターの長岡秀星氏などにインタヴュー(コメント取り)を行ったのだが、そのうちのおひとりで『Head To The Sky』(73年)にコメントが掲載されたのが、King Of Diggin'ことDJのMURO氏。NYのハーレムでEW&Fの“Reasons”を聴いた時の衝撃など、興味深いお話をしていただき、取材も非常に盛り上がった。

その取材中、EW&Fのリミックスの話になり、そういえばSoul Source監修の『Soul Source~Earth Wind & Fire Remixes』(2002年発売)に意外にも(?)MURO氏が参加していなかったことを指摘。すると、「あれ、僕もやりたかったんですよ」とMURO氏。そこで、再発盤購入者のためのプレゼント企画を考えていたソニーの担当ディレクター氏に、「(リミックスではないが)MUROさん選曲のEW&FミックスCDを聴いてみたい」と提案したところ、MURO氏も「ぜひやりたい!」という流れに。かくして、いろいろな手続きを経て、MURO氏によるEW&F史上初となるオフィシャル・ミックスCD『Diggin' Kalimba~Tribute Mixed by MURO』が完成した(詳細はココで)。

ひと足先にラフを聴かせてもらったが、当然ながらMUROワールド全開の選曲&流れ。基調となるのは“On Your Face”的な明快さ、かな。ファンキーでキャッチー。EW&Fだけでなく、エモーションズやポケッツ、デニース・ウィリアムズ、DJ・ロジャースなどカリンバ・プロの曲も選ばれている。必携!…と言いたいところだが、先に少し触れたように、これはEW&Fの紙ジャケCD全15枚購入者のみにプレゼントされる非売品。そんな誰もが手にできないものを紹介するなよ…という声も飛んでくるかもしれないが、まあまあ、こういうこともありますよ。このミックスCDのために全部買いましょう!とは言いません。けれど、自分が関わった云々は別にして、今回の紙ジャケCDは永久保存盤となるはずの決定版。これからEW&Fを聴いてみよう/アルバムを揃えたいという方は、この機会に15枚ゲットしておいても損はしないと思う。何だかメーカーの回し者みたいだけど…仮に僕が学生でEW&Fのアルバムを持っていなかったらバイトして買ってたと思います。ミックスCDの応募締め切りは4月25日。

さて、そのEW&F、既に各所で報じられているように来日公演(詳しくはコチラ)が決定した。5月17日(木)、東京国際フォーラムで一夜限りのライヴ。ちょっと前にツイートもしていたのだけど、この日は70年代中期EW&Fのブレーンだったチャールズ・ステップニー(76年没)の命日にあたる。メンバーなどの詳細は未定だが、モーリス・ホワイトは不参加だろう。EW&Fとしての来日公演は2009年12月の公演以来2年半ぶり。個人的には、一昨年のEssence Music Festival、昨年7月4日のフィラデルフィアでの合衆国独立記念祭コンサート(この時のバック演奏はザ・ルーツ!)と、2年連続でEW&Fのライヴを観ているのだけど、フィリップ・ベイリーの息子(Jr.)もヴォーカルに加わったステージはなかなかのもの。モーリス不在は確かに寂しいけど、それはもう仕方のないこと。現在進行形のEW&Fを楽しみたいところだ。

ちなみに、MURO氏とは、また別のお仕事も一緒にさせていただいた。これは改めて紹介したいと思っています。



soul_ringosoul_ringo  at 04:16  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! Mix CD | コンピレーション 

Estelle / All Of Me

EstelleR&Bの新譜、とにかく女性シンガーものが多いです。で、今回はエステルの新作を。前作『Shine』から約4年ぶり、通算3作目。アトランティック(が配給するジョン・レジェンド主宰のホーム・スクール・レコーズ)からのワールドワイド・リリースとしては、これが2枚目。4月4日には、その日本盤も発売された。実はこのライナーノーツを書いたのだが、経歴や客演作品、プロデューサー、ミックステープがどうの…などはライナーでゴチャゴチャと書いたので、ここではサラッといこう。

延期を繰り返しての、ようやくのリリース。当初は2010年秋の発表予定で、その頃はデイヴィッド・ゲッタとアフロジャックがプロデュースした“Freak”が新曲として話題になっていた。カーディナル・オフィシャルを招き、ソウルⅡソウル“Back To Life”のフックを引用したエレクトロ・ビート・チューン。結局これは新作が延期されるうちにゲッタのリーダー作『One More Love』(のデラックス盤)とかダンス映画のサントラ『Step Up 3D』に収録されて、今回の新作には未収録。で、もう一曲、新作のバズ・シングル的な形で発表されながらアルバム未収録となったのがDJ Frank E制作の“Fall In Love”。ジョン・レジェンドとナスそれぞれとの共演ヴァージョン(とヴィデオ)も話題になったネオ・ソウル×ハウス的なメロウな四つ打ちダンス・チューンで、こんないい曲が未収録だなんて…って感じだけど、日本盤には“Freak”とともにボーナス・トラックとして収録されております。ちなみに今回の日本盤に収録された“Fall In Love”はジョンとナス両者が合体したヴァージョン。って、いきなりサラッといかない話でした。

で、アルバムは、有名どころのプロデューサーだと、ジェリー・ワンダ、アイヴァン&カーヴィン、ジェイムズ・ポイザーなんかが関わっているのだけど、エステルらしいジャンル横断型の全方位スタイルはいつものまま。ハスキーな声でラップ(・シンギング)を織り交ぜた歌唱もこれまで通り。それでもベースにはオーセンティックなソウル/R&B感覚みたいなものがあって、最終的にはちゃんとそこに着地するというか…そこらへんが僕みたいなリスナーを惹きつけるのかも。そういえば、本国イギリスのみで発表されたデビュー・アルバム『The 18th Day...』を、僕はbmr誌の2004年個人年間ベストで1位にしていて、「US的流行を咀嚼しつつ新しい世界を描き出したUKモノということで不思議な衝撃を受けた一枚」とか評論家気取りで書いていたが(恥)、まあ、その後の彼女の活動を見てみれば、大きく外れた意見ではないと思う。近年のゲッタなどとのコラボは賛否ありそうだが、前作でのウィル・アイ・アムも含め、“時の人”を味方につけながら自身のソウルネスというかブラックネスのようなものを追求していく姿勢が何とも痛快です。

個人的に気に入ったのは、新作の正式リード・シングルとなった“Break My Heart”。ジョン・レジェンドもペンを交えたドン・キャノン制作のスムーズなミッド・チューンで、ヴィンセント・モンタナの78年曲“Warp Factor Ⅱ”を引用したセンスに惚れまくり。この路線では“Cold Crush”も素晴らしい。が、世間的には、クリス・ブラウンとトレイ・ソングスというふたりの“アメリカン・ボーイ”を招き、世界を股にかけてる自分たちをアピールした(?)“International(Serious)”が話題か。グラミー受賞曲となった前作のヒット“American Boy”もそうだったけど、エステルのUKガール目線のリリックって愛らしいというか、ルーツを忘れてなさそうで好感。クリエイティヴ・ソース版の“Wildflower”をネタ使いしたスウィートで切ないスロウ・バラード“Thank You”は怨念系の歌みたいだけど、この歌詞はエイコンによるもの。あと、ニーヨの制作でジャネル・モネイと共演した“Do My Thing”は、UK、USそれぞれの尖がり歌姫どうしのコラボで興味深い。ロッキン・ファンク・ソウルなこれは完全にジャネル寄り(“Tightrope”路線の)曲ですが。さらに、本作にはスポークンワード風なインタールードが5曲挿まれているのだが、それを手掛けたのがザ・ルーツのクエストラヴ。そういや、去年の7月4日にフィラデルフィアで行われた合衆国独立記念コンサートでエステルとザ・ルーツが共演したんだけど、あれはこの新作とも関係があったのかな?

以前、「自分が書く曲は100%実体験」と話していたエステル。今回は、『All Of Me』と題したアルバム・タイトル、それにモノクロームのシンプルなジャケットが伝えるように、これまで以上に自分の素を伝えた作品のよう。個人的には、リリックがどうの…と言われすぎると萎えるのですが、日本盤には素晴らしい歌詞対訳が付いておりますので(ボーナス・トラックの件もありますし)、そちらをおススメしたいです。



soul_ringosoul_ringo  at 17:27  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 女性ヴォーカル | R&B 

Earl Van Dyke / The Motown Sound~The Complete Albums & More

EVD最近の新譜やライヴをネタにすると女性アーティストばかりになりそうだったので、ここらでリイシューものを。60年代モータウンのサウンドを支えたファンク・ブラザーズのオルガン/キーボード奏者、アール・ヴァン・ダイクがモータウンに残した音源のコンプリート集。モータウン作品のリイシュー/発掘で気を吐くHip-O Selectからのリリースだ。

ファンク・ブラザーズといえばベーシストのジェイムズ・ジェマーソンの名前が真っ先に挙がるけど、ジェマーソンと並ぶグルーヴ・マスターと言えば、個人的にはこのアール・ヴァン・ダイクを思い浮かべる。ただしファンク・ブラザーズ、60年代にテンプテーションズ、スプリームス、マーヴィン・ゲイ、フォー・トップスなどの曲でバック演奏を担当していたにもかかわらず、当時はその存在がほとんど知られていなかった。いや、今も熱心な音楽ファン以外にはあまり知られていない。ファンク・ブラザーズにスポットを当てた映画『永遠のモータウン』の冒頭で、レコード屋にいるお客さんにモータウンの曲で演奏していた人たちについて訊いてみても誰も知らないっていうシーンがあったけど、たぶん今もあんな感じでしょう。それもそのはず、60年代には彼ら演奏者の名前がレコードにクレジットされず、マーヴィン・ゲイの『What's Going On』(71年)で初めてその名が記されたのだから無理もない。当時は公にはファンク・ブラザーズとも呼ばれていなかった(2004年のベストCDで初めてその名義が使われた)。同じハコバンでもスタックスのブッカー・T&ザ・MGズがバンド名義でレコードを出していたのとは大違いですね。

けれどモータウンも、数々のヒット曲に貢献した演奏者たちのプライドを損ねないように(?)、リーダ-的な存在のアールを中心とした、実質ファンク・ブラザーズによるアルバム/シングルをリリース。ひとつは65年にアール・ヴァン・ダイク&ザ・ソウル・ブラザーズ名義で出した『That Motown Sound』。プロデュースは、ミッキー・スティーヴンソン、ヘンリー・コスビー、ハーヴェイ・フークアで、タイトルが示すように、当時のモータウン名曲のオケを収録したものだ。ヴォーカル・パートがない代わりに、アールのグルーヴィーなオルガンが主旋律を奏でるのだが、よく言われるように彼のプレイって大胆で攻撃的、そしてクドい(笑)。もっとも、モータウンのスターたちによって歌われたヴァージョンでは、アールの鍵盤もそれほどうるさくないけれど。

もうひとつは70年にアール・ヴァン・ダイク名義でリリースした『The Earl Of Funk』。70年1月にデトロイトで行ったライヴをパッケージしたこちらは、スライ、ミーターズ、ベン・E・キング、トニー・ジョー・ホワイトなどの非モータウン曲やアルバム用のオリジナルも交えた、ある種ニュー・ソウル的な選曲。Chunk Of Funkというニックネームがついていた彼らしい、まさに“ファンクの塊”とでもいったプレイが聴けるアルバムで、アールのリーダー作だが、バックはジェイムス・ジェマーソン(b)やロバート・ホワイト(g)らが務めるってことで、これもファンク・ブラザーズの作品と言って差し支えない。今回のCD(2枚組)は、その2枚のアルバムに、シングル・オンリー曲や未発表曲、ライヴ音源を加えた完全盤というわけだ。とりわけ、Disc 2に収録されたジェイムズ・ジェマーソン名義の図太くファンキーな3曲(レア&未発表)は圧巻。

70年代に本社が西海岸に移転するとミュージシャンもバラバラになるが、60年代には「ヒッツビルUSA」と言われたデトロイトのモータウン本社のスタジオ・Aを根城に数々の名演を生み出したファンク・ブラザーズ。狭い部屋ゆえにスネイクピット(蛇の穴)と呼ばれたスタジオ・Aは、現在はモータウン博物館となっている旧本社社屋に当時のまま残っていて、見学者はスタジオに立つこともできる。僕も2008年の夏に初めて訪れたけど、まあ、ソウル好きなら確実に興奮します。

かなり強引かもだけど…デトロイトの鍵盤奏者ということで、アールのスピリットって、ドウェレやアンプ・フィドラー、ケムなんかにも受け継がれているのかな、とも思ったり。あと、ファンクなビート感覚ってことではデトロイト出身の故J・ディラにも通じていたり、とか。直接影響を受けていなくても間接的には繋がっているはず、と僕は思っている、というか思いたいです。



soul_ringosoul_ringo  at 21:48  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! Motown | Reissue 

Esperanza Spalding / Radio Music Society

Esperanzaやっぱり放置か…と思われているかもしれませんが(苦笑)。普段原稿を書く仕事をしていると(他の仕事でも)、ブログとはいえ、新たに文章を書くというのは結構大変なことですね。より気軽に書き込めるTwitterやFacebookに流れてしまう気持ちがよくわかりました。でも、取り上げたいアルバム(ここ1ヵ月くらいの新譜、及び再発のニュー・リリース)は既に30枚を超えているので、空いた時間に更新していきます。

今回は、昨年のグラミー賞で大方の予想を裏切って(?)新人賞を獲得した女流ジャズ・ベーシスト、エスペランサ・スポルディングの最新作。通算4作目。当初は前作『Chamber Music Society』とのダブル仕様を予定していたそうで、クラシックの室内楽(Chamber Music)をモチーフにした前作と対になるラジオ向き(Radio Music)なポップスを目指したのが今回の新作なのだそう。“ポップス”と言うと勘違いされるかもしれないけど、まあ、ストレートなジャズの作法からハミ出して、ジャズをストリートに連れ出した…みたいに考えるとわかりやすいかな。なにしろ今回はQ・ティップがコ・プロデュースした曲もありますし。

ウェイン・ショーター“Endangered Species”のカヴァーなんかを聴いていて思ったのは、今回のアルバム、音的にはスティーリー・ダンの『Aja』(ウェイン・ショーターも参加)とかに近い。ジャズ・ポップスというか。で、エスペランサのヴォーカル。エレガントに歌われたマイケル・ジャクソン“I Can't Help It”のカヴァーとかを聴いていると、これはもうジャズというより、単純に上質なソウル・ヴォーカル・アルバムと言った方がよさそうですね。透明感のあるキュートでハートウォーミングな歌声は、ジャズとソウル/ポップスを股にかけたという点も含めてパトリース・ラッシェン(彼女は鍵盤奏者だが)に似てるかな、とも。一部では、先に出たロバート・グラスパーの新作などと一緒に、ニコラス・ペイトンが提唱するBAM(Black American Music)ムーヴメントの一環で…とか俄かに言われ始めているけど、3月上旬にプロモーション来日した時の彼女の口ぶりからすると、そんな小難しいこと考えてないような印象を受けたし、個人的には、BAMがどうのなんて思いながら聴くのはしんどい。もっとも、アルジェブラ(・ブレセット)と共演した先行曲“Black Gold”は「奴隷制度前の私たちのアフリカン・アメリカンとしての伝統を歌った」というアフロ賛美的な曲だったりと、メッセージ色の強い作品でもあったりするのだけど。

ところで今回の新作、通常盤とDVD付きのデラックス盤がある。もちろん(?)僕が買ったのはデラックス盤(ジャケの地色が紺色)の方。で、そのDVDの中身というのが、先に公開されていた“Black Gold”を含む、アルバム本編に収録された12曲中11曲分のミュージック・ヴィデオで、それらがストーリー性をもって切れ目なく展開されていくという60分超の映画(風)になっているのだ。NYや、故郷のオレゴン州ポートランドなどで撮影されたそれは、曲によってはシリアスな描写もあるが、何だか無性にNYに行きたくなるようなハイセンスな映像&ストーリーで、アルバムの曲をより楽しむなら、こちらのデラックス盤を猛烈におススメしたい。

ちなみに今作でドラムを叩いているのは、女流ジャズ・ドラマーのテリ・リン・キャリントンだが、エスペランサも参加したテリのリーダー作をはじめ、先に名前を挙げたニコラス・ペイトン、ロバート・グラスパー、今度出るジェフ・ブラッドショウの新作、あとグレゴリー・ポーターなんかも含めて、ここ最近R&B脳で聴きたいジャズ作品が増えていて、こういうのをR&B視点で語るメディアが欲しいなぁ…などと思ったり。そういや、今作の1曲目“Radio Song”では、一部で“ネクスト・ディアンジェロ”なんて呼ばれてもいるクリス・ターナーがバックで歌っているんだけど、彼が最近Bandcampにアップしたミックステープ『The Monk Tape』もジャズ盤だった。



soul_ringosoul_ringo  at 16:54  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! Jazz | 女性ヴォーカル 

Tara Priya / Tara Priya

ターラレディシのライヴから1日置いて、またビルボードライブ東京へ。…なんて言うと遊んでばかりみたいだけど、先週はたまたま。今度は、2月にPヴァインから日本先行でデビュー・アルバムをリリースしたターラ・プリーヤ嬢。インド人とイラン人の血を引くエキゾチックな容姿が麗しいサンフランシスコ在住の女性シンガー・ソングライターの来日公演だ(24日:セカンド・ステージ)。

どこかマイアを思わせる小悪魔キュート系のルックスからはちょっと想像がつかないかもしれないが、幼少期にピアノとドラムを習得し、オペラやジャズも学び、ニューヨークのコロンビア大学では経済学を専攻していたという才媛。高校時代からソングライターとしての才能も開花させ、「ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト」で入賞、「ビルボード・ソング・コンテスト」で優勝といった輝かしい経歴を持つ。

デビュー・アルバムは、大学卒業後、地元のサンフランシスコに戻って制作した2枚のEPからの曲が中心で、古いリズム&ブルースをポップな感覚で今様に聴かせるレトロ・ヴィンテージなソウル盤。シャッフル・ビートの曲を快活に歌ったり、ブルーなバラードを時にアンニュイな表情を見せながら情熱的に歌ってみせる。わかりやすく言うと“エイミー・ワインハウス以降”というか、アデル、ニッキ・ジーン、ディオンヌ・ブロムフィールド、ジャスミン・カラ…とバラバラな個性を一緒に括っちゃうのも乱暴だけど、彼女の音楽もそうした流れにある。実際に繋がりもあるというラファエル・サディークの女性版とも言えるかな。地元も一緒だし。恋愛のダークな面をテーマにしているという歌詞は実体験に基づいているとのこと。

実は2月にも来日し、某レコードショップでミニ・ライヴを行っていたターラだが、バンドを従えての正式な来日公演は今回が初。何と主役のターラ以外、バンドのメンバーは全員白人の若者で、アメリカの学園モノのドラマに出てきそうなアマチュア・バンドっぽい初々しさ。ドラム、ベース、ギター、サックス、トランペットの男子(あえてこう書く)は、何だか若い頃のビーチ・ボーイズ風。その中にひとり水玉柄のワンピースを着たガーリーなキーボード女子がいるあたりがまた学園っぽくて、ちょい萌え。白人バンドを従えた有色人種のシンガーのステージということで、僕はEssence Music Festivalで観たソランジュ(ビヨンセの妹)のライヴを思い出してしまったのだが、音楽的にもソウルというよりオールディーズと言った方がしっくりくるそれはソランジュに近い。もしくはデビュー当初のメラニー・フィオナ。そんな雰囲気だ。

ターラの歌はやや一本調子なところもあるけど、生で聴く声もCDと同じくエモーショナル。レパートリーはもちろんアルバムの曲が中心なのだが、アルバムで“Southern Girl”なんて曲を歌っている彼女らしく(?)、バンド・メンバーの紹介を兼ねてジーン・ナイトの“Mr.Big Stuff”を歌ったり、エディ・フロイドの“Knock On Wood”を熱唱したり、ディープな一面も見せてくれた。そういえばアルバムにはベティ・スワンへの謝辞もありましたっけ。そんな趣味の彼女だけに今後の展開も気になるところ。MCでも名前を出していたけど、ラファエル・サディークと組んだら本当に面白いかもしれない。

終演後は、会場でお会いしたレココレ編集部のN氏夫妻と3人で軽く飲み、夫人のニューオーリンズ留学話などで盛り上がる。ライヴでジーン・ナイト(ニューオーリンズ出身)曲のカヴァーを聴いた後にNOLA話。そこで話題になったギャラクティックの新作(傑作!)についても書いてみたいけど、機会があれば。



soul_ringosoul_ringo  at 05:30  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 女性ヴォーカル | Live